本文ここから

お知らせ・今後の予定

2019年度 夏季山梨産科婦人科学会・山梨県産婦人科医会 合同学術集会プログラム

日時:2019年8月24日(土)
場所:アーバンヴィラ古名屋ホテル

16:30 一般講演 
     -------------------------------------------------------- 座長 奥田 靖彦 (山梨大)

  1. 選択的帝王切開で、術前CTGにて子宮収縮を認めない症例はTTNを発症するリスクが高い
    国立病院機構甲府病院 篠原 諭史
  2. 選択的帝王切開術時に穿通胎盤を認めた子宮筋腫核出術後妊娠の 1 例
    山梨大学 髙橋 いくみ
  3. DVTを契機に診断されたSLE合併妊娠の1例
    山梨県立中央病院 宮下 大
    -------------------------------------------------------- 座長 端 晶彦 (山梨大)
  4. 婦人科低侵襲手術における手術難易度の予測因子の検討
    山梨県立中央病院 松田 康佑
  5. 術前に診断しえた卵巣成熟囊胞性奇形腫の悪性転化の1例
    市立甲府病院 小川 恵吾
  6. 当院における最近3年間の生殖補助医療(ART)の成績
    甲府昭和婦人クリニック 永井 聖一郎

17:30 特別講演

座長 山梨県産婦人科医会会長 森澤 孝行先生

「深部子宮内膜症(DIE)はなぜ摘出が必要なのか?
          ~卵巣チョコレート囊胞の形成から考える~」

倉敷成人病センター 婦人科部長 太田 啓明先生

18:30 情報交換会

当日はe医学会カードをお持ち下さい。また医会研修参加証が発行されます。


会員専用ログイン
ユーザー名:

パスワード:


ページの先頭に戻る