本文ここから

国立病院機構甲府病院

国立病院機構甲府病院外観

〒400-8533 山梨県甲府市天神町11-35
TEL 055-253-6131055-253-6131 055-251-5597055-251-5597

病床数

276床(うち、産婦人科 20床、NICU 3床)

1日あたりの平均外来患者数

産婦人科 33.7人

産婦人科医師数

常勤専門医 3名

年間分娩件数

475例(母体数) ;帝王切開 89件(19%)、鉗子分娩 19件、吸引分娩 1件、双胎 4件

年間婦人科手術件数

開腹手術 21件、腹腔鏡関連手術 21件、子宮鏡手術 4例、シロッカー 5例、その他

上記実績は、2014年1月~12月のものとなります。

指導医師

滝澤 基 平成元年山梨大学産婦人科教室入局
産婦人科専門医、母体胎児専門医、臨床遺伝専門医、母体保護指定医、母体胎児暫定指導医、新生児蘇生インストラクター、医学博士
雨宮厚仁 平成3年山梨大学産婦人科教室入局
産婦人科専門医、新生児蘇生インストラクター、母体保護法指定医
菊嶋聡子 平成21年山梨大学産婦人科教室入局
産婦人科専門医、ALSOキャンディデイト、母体保護法指定医

特徴

 国立病院機構甲府病院は、山梨県より地域周産期センターに指定されており、県内他病院よりの母体搬送を受けています。合併症妊娠、早産分娩などの症例に対応し、正常分娩のみならず、High risk 妊娠分娩の研修が可能です。
    また、日本周産期新生児学会より研修指定施設に認定されております。産婦人科専門医を取得した後になりますが、周産期専門医(母体胎児専門医)の研修が可能となります。
    婦人科症例に関しましては、良性婦人科疾患の開腹手術や腹腔鏡手術、子宮鏡による手術も行っており、研修が可能です。
    山梨大学より指導医師を、産婦人科の当直や外来そして難易度の高い手術に派遣していただき連携をとりつつ最新の医療を実践しております。(山梨大学から車で30分、甲府駅からは徒歩20分)

病院の外観

山梨県甲府市天神町にあり、甲府駅からバスで10分、徒歩で30分の場所にあります。

病院の外観

外来

産婦人科外来です。これは1診で、3診まで同時に外来診療が可能です。現在、3診は主に助産師外来や、保健指導に使用されています。

外来

分娩室

分娩室です。結構広いです。

分娩室

LDR

LDRです。第2分娩室としても使用しています。

LDR