本文ここから

山梨赤十字病院

山梨赤十字病院外観

〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1
TEL 0555-72-2222 FAX 0555-73-1385

病床数

269床(うち、産婦人科 32床)

1日あたりの平均外来患者数

約700人(うち、産婦人科 約70人)

産婦人科医師数

常勤専門医 4名、専攻医 1名

年間分娩件数

738件(うち、帝王切開 114件( 15.4%))

年間婦人科手術件数

247件(うち、開腹手術 49件、腹腔鏡下手術 58件)

上記実績は、2016年1月~12月のものとなります。

指導医師

部長   渡邊 直子  
副部長  湯田 牧子  
医師   望月 加奈

特徴

 当院は、富士の麓の標高 1000 m弱の富士河口湖町にあります。東部富士五湖地域には現在は分娩取り扱い及び婦人科の入院病床がある医療機関も当院と富士吉田市立病院の 2 病院しかありません。

   4月の末、花が一斉に咲きだし、当地の観光シーズンは始まります。夏は避暑地ですので人口は冬の2倍以上に膨れ上がります。富士山が世界遺産になったこともあり、日本語も英語も通じない外国人の弾丸ツアー(成田~東京~富士山麓~京都・大阪など)の観光客も増えています。10月になり紅葉が終わるとめっきり落ち着き、冬は雪との闘いになります。高速道路でつながっている医療圏を持つ当院は雪で高速道路が閉鎖されると病院にアクセスできない妊産婦の対応に追われます。

病院の外観

病院は県有林の中にあります。河口湖インターから車で2~3分のところにありますが、国道から富士山側に入ったところにひっそりと建っています。最寄りの富士急行線の河口湖駅からは徒歩で20分以上かかります。

病院の外観1 病院の外観2

外来

外来

病室

病室

病院自体は平成4年に建築されたものですが、分娩室と10床の産褥の方のための病床は平成23年に増設されました。また、本年1月より産婦人科外来が新設されています。平成24年より地域周産期センターとしてNICUも3床有し、正常・異常妊婦の管理・分娩、婦人科も良性疾患から悪性疾患まで様々な症例を取り扱っています。完全な当直制度は医師の人数の関係でとっていませんが、365日・24時間体制で産婦人科関連疾患の救急患者の受け入れもしています。