本文ここから

山梨赤十字病院

山梨赤十字病院外観

〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1
TEL 0555-72-22220555-72-2222 FAX 0555-73-1385

病床数

269床(うち、産婦人科 32床)

1日あたりの平均外来患者数

約700人(うち、産婦人科 約80人)

産婦人科医師数

常勤専門医 3名、専攻医 2名

年間分娩件数

834件(うち、帝王切開 145件(17.4%))

年間婦人科手術件数

258件(うち、開腹手術 73件、腹腔鏡下手術 51件)

上記実績は、2014年1月~12月のものとなります。

指導医師

部長   渡邊 直子  
副部長   薬袋 牧子  
専攻医  加々美 桂子、尾山 恵亮、笹本 まどか 

特徴

 当院は、富士の麓、富士河口湖町にあります。東部富士五湖地域には産婦人科のある病院は、当院と富士吉田市立病院と2病院にしかありません。
   4月の末、花が一斉に咲き乱れる時期から当院の観光地としての仕事が始まります。出血しているのに無理やり遊びに来た妊婦、富士急ハイランドでジェットコースターに乗って卵巣出血をおこした若者、旅行中に生理痛がひどくなったと救急車を呼ぶ女子会旅行など、地域の産婦人科としての仕事に加えて避暑地を兼ねての里帰り分娩などが増え忙しくなります。10月紅葉の季節が過ぎると産婦人科はちょっと落ち着きを取り戻します。寒い冬、活躍するのは、脳外科、整形外科です。ふじてんスノーリゾートで頭を打撲するスノーボーダー、‘ノーマルタイヤで来れる’を信じて遊びに来てスリップ事故を起こす家族、産婦人科に搬送されるのは、滑って外陰部血腫ぐらいでしょうか。

病院の外観

病院は県有林の中にあります。春は野生のフジザクラが駐車場の各所に見られます。河口湖インターからは車で5分とかかりませんが、公共の電車、バスで来院するのは至難の業です。富士急ハイランドには徒歩でもいけます。仕事終了後の夏季のナイトパスがお得です。

病院の外観1 病院の外観2

分娩室

分娩室

病室

病室

建物は平成4年建築ですが、分娩室と10床の病床は平成23年に増設されました。正常産については、優秀な助産師が入院から分娩、退院まで診てくれます。産科でコールがあったら緊急事態であることが少なくありません。婦人科手術を行う病院もこの地域では2か所なので、良性疾患から悪性疾患まで様々な症例を取り扱っています。大学より定時で臨時医師を派遣して貰っておりませんが、なぜか大学以上に産婦人科医がいることがあります。