患者さまへ

本文ここから

助産外来・院内助産

 山梨大学医学部附属病院の周産期医療の特徴は、糖尿病や心疾患などの妊娠前からの合併症をお持ちの方や、前置・低置胎盤や胎児先天異常などの異常妊娠の方に代表される、いわゆる「ハイリスク妊娠」に対応していることです。

 2016年の統計では、総分娩数568例に対して実に約60%の方が「ハイリスク妊娠」でありました。その「ハイリスク妊娠」の方が母児ともに無事にお産を終えて退院していくために、「安全なお産」を主な目標として日々診療に臨んでおります。

助産外来

 妊娠経過や既往歴に問題のないいわゆる「ローリスク妊娠」では全妊娠期間の一部の妊婦健診を助産師が担当する「助産外来」を2007年12月より開設しています。
   2014年に助産外来を受診された方はのべ306例、2015年にはのべ186例、2016年は、185例受診しています。

 助産外来では山梨大学医学部および山梨県が共同して行った「助産外来研修会」を受講して、「助産外来資格」を取得した助産師により超音波断層検査も施行しています。助産外来では、ご家族の方もご一緒になって45分ほどの時間をかけてゆっくりとお話しながら受診していただいています。
   これまで助産外来を受診された方には「助産師さんに細かいことも相談出来て心強かった。」といったようなご感想をいただいております。

助産師さんから

 2007年12月5日より国立大学病院では全国に先駆けて、助産師による超音波検査を含めた妊婦の健康診査を開設しました。助産外来の特徴は、超音波検査では、胎児の頭の大きさと羊水量の計測を行ない、胎児の発育が順調であるかを見ていきます。また、助産外来は、妊婦やその家族が助産師と共に妊娠生活や分娩・育児について、あるいは現在抱えている悩みや不安、お産に向けてバースプランの相談などについてじっくり話し合える場です。医師と協働して妊婦の安全を守りながら、妊婦が快適で満足が得られるよう、きめ細やかな対応を目指していきます。 助産師は、正常な妊産褥婦の健康診査やケアを主体的に行うことが本来の役割です。また、医師と協力体制と信頼関係を維持しつつ、正常妊婦の健康診査や保健指導・相談を行なっています。

 現在は助産外来が増え、火・水・金曜日の13:30~15:45、1人45分の予約制で行っています。2015年には186人、2016年には185人と多くの方が受診しています。「夫や上の子、家族と一緒に、ゆったりとした雰囲気の中で、お腹の赤ちゃんの様子を見て感じることができた」「体重や食事の事、仕事や旅行の事など些細な事、気になる事を気軽に相談できた」等の感想を頂いています。 ご主人やお子さん、御家族の方と一緒にお腹の赤ちゃんと逢えますよ。

院内助産

 助産外来を受診された「ローリスク妊娠」の方を対象として、助産師が中心となって分娩管理を担当する院内助産「よつ葉ルーム」を2009年11月より全国の国立大学病院にさきがけて開設しています。

 よつ葉ルームでは、より自然に近い状態での分娩を目指し、上述した「安全」だけでなく妊婦さんの「快適さ」も追求しています。よつ葉ルームは、一般の陣痛室とは違い、カーペットのうえでクッションに寄りかかった楽な姿勢で分娩に臨むことが可能です。

 これまで、よつ葉ルームで分娩された方は222人(2017年4月現在)ですが、「前のお産と違ってリラックスして出産できた。」といった声をいただいています。
   当院では、ローリスク妊娠の方は出来る限りよつ葉ルームで自然な分娩を目指しますが、分娩とはどんな方でも急速に変化して、帝王切開や鉗子分娩といった異常分娩になりえます。
このような場合には直ちに院内にいる産婦人科医がかけつけ対応することを目標としています。

助産師さんから-院内助産システム よつ葉ルーム-

 2009年11月26日、助産師が主体となって分娩を取り扱う院内助産システムを国立大学病院では初めて開設しました。妊娠中から出産まで継続的なケアを提供していくため、助産外来を受診しその後よつ葉ルームでの出産に繋げていきたいと考えています。

 よつ葉ルームでは主に助産師が産婦人科医師と協働して妊産褥婦および胎児、新生児の健康状態を管理し、助産師の専門性を発揮しながら妊産褥婦とその家族が快適であり、満足する質の高い助産ケアを提供します。助産師が中心となって妊娠から出産、育児までをご夫婦、ご家族のバースプランに沿って、継続的なケアを提供していきます。産婦さんが本来持っている「産む力」と赤ちゃんが持っている「産まれる力」を最大限に活用し、私たち助産師が手助けすることで、安心・安全・満足な「お産」を支えていきます。「ママ」「赤ちゃん」「ご家族」「助産師」の4つのハートで命を支えるという思いを込めて「よつ葉ルーム」と名付けました。

 よつ葉ルームでお産が行える人は正常な妊娠経過の方、合併症のない方、自然出産をするために自らも努力できる方等の決まりがあります。ご希望の方は助産師、医師にお尋ねください。

: ホーム : サイトマップ ページの先頭に戻る