本文ここから

令和4年度 夏季山梨産科婦人科学会・山梨県産婦人科医会 合同学術集会プログラム

日時:令和4年8月27日(土)  場所:山梨県医師会館 講堂(ハイブリッド開催)
当日会費:1,000円

16:00 一般講演

(発表6分+質疑応答3分)×4題=36分

————————————–  座長 大森 真紀子 ( 山梨大学 )

  1. 凍結融解胚移植のホルモン補充周期と自然周期における分娩時出血リスクの検討
    山梨大学 田中 孝太
  2. 当院での分娩後に新生児に頭蓋内出血を認めた3例
    国立病院機構甲府病院 笹津 聡子
  3. 妊娠16週に診断し、胎児発育不全・妊娠高血圧症を合併した hyperreactio luteinalis の1例
    山梨大学 深田 直希        
  4. 悪性腫瘍との鑑別に苦慮したpolypoid endometriosisの1例
    山梨県立中央病院 石澤 満優子

特別講演

座長 山梨県産婦人科医会会長 梶山 浩

「性(生)教育の現状と実践」

稚枝子おおつきクリニック 院長 武者 稚枝子先生

会員専用ユーザメニュー

ページの先頭に戻る