お知らせ

本文ここから

ブエナビスタ(松本)で開催され、専攻医10名、初期研修医6名が一緒に参加し、産婦人科のさまざまな症例を学んできました。
また、会期中にブースを借り「山梨県統一産婦人科専攻医研修プログラム」、「産婦人科の要点(ツボ)」の冊子および 11月22日~23日開催の「産婦人科専攻医セミナー」の 広報活動を行いました。

掲載日:2014年10月28日

山梨県統一産婦人科専攻医研修プログラム管理委員会主催
産婦人科専攻医向けセミナーが開催されます。

日時 平成26年11月22日(土)13時~11月23日(日)12時
会場 甲府古名屋ホテル(宿泊も同所にて)
参加費ならびに宿泊費(1泊2食付)は無料ですが、会場までの交通費は各自負担してください。

参加要項(PDFファイル)
申込書(PDFファイル) 

掲載日:2014年10月17日

救命士 院外出産に備え
(山梨日日新聞 2014年10月12日:PDFファイル)

緊急時出産対応 救急救命士学ぶ
(朝日新聞 2014年10月13日:PDFファイル)

掲載日:2014年10月14日

特別講演「女性とうつ reproductive phaseを中心に」
東京女子医科大学病院 神経精神科
助教 内出 容子 先生

特別講演「ALSO-Japanの活動の目的
~産科医療体制の安定維持と医療安全、そして災害時妊産婦支援を目指して~」
恵寿総合病院 家族みんなの医療センター
センター長  新井 隆成先生

東京女子医科大学病院神経精神科助教 内出容子先生と 恵寿総合病院家族みんなの医療センター長 新井隆成先生に 特別講演をして頂きました。
会員、研修医、助産師、学生、計83名が参加し、とても盛会でした。

掲載日:2014年10月10日

平成26 年9 月26 日(金)18:30~

  1. 院内助産マニュアルについて(対象、医師報告基準など)
    山梨大学医学部地域周産期等医療学講座 渡邊弓花
  2. 新生児の診察(新生児ビリルビン検査、血糖検査、聴覚スクリーニング検査)
    山梨大学医学部産婦人科学講座 小笠原英理子
  3. 産科ガイドライン 2011 分娩編1-微弱陣痛への対応、分娩誘発の方法、子宮収縮薬の留意点改訂2011 年版など
    山梨大学医学部地域周産期等医療学講座 奥田靖彦

掲載日:2014年10月03日
お知らせ
: ホーム : サイトマップ ページの先頭に戻る