患者さまへ

本文ここから

婦人科腫瘍について

産科について

生殖医療について

女性のヘルスケアについて

診療について

  当科は県内唯一の大学病院産婦人科であり、大学病院に与えられた社会的使命である診療・教育・研究を担っております。とくに診療面においては、特定機能病院としての社会的使命を果たすことが強く求められており、そのため以下のような診療体制をとっております。
  1. 外来初診の患者さんは、他の医療機関からの紹介状を持参することを前提とさせていただきます。
  2. 産科では、主にハイリスク症例に対応していますが、合併症をお持ちでない、いわゆるローリスク妊婦の方も対応しています。助産師が主に分娩に対応する院内助産も行っております。分娩予約制限がありますが、制限内の場合は特に紹介状をお持ちでなくても分娩予約が可能です。
  3. 婦人科診療では、婦人科悪性腫瘍患者さんの治療・管理、重症不妊症患者さんの治療・管理、鏡視下手術等の特殊技術を必要とする患者さん、婦人科救急患者さんの治療・管理を最優先とさせていただきます。そのため、合併症をお持ちでない一般的な婦人科良性腫瘍患者さんは、手術までの期間が長くなることがあります。
: ホーム : サイトマップ ページの先頭に戻る