お知らせ

本文ここから

子宮頸がん検診のモデル事業が始まります。ぜひ検診を受けましょう。

子宮頸がん検診
(山梨日日新聞2011年10月18日:PDFファイル)

掲載日:2011年10月20日

日時:2011年11月12日(土)~11月13日(日)
定員になりましたので、参加者の募集は締め切りました。

掲載日:2011年10月19日

講師:東北公済病院 院長 岡村州博先生
講演:「成熟した周産期医療へ向けて:大震災からの教訓」

東日本大震災の脅威を改めて実感するとともに、今後の地域医療の連携のため、情報共有の大切さを教えていただきました。

掲載日:2011年10月14日

子宮頸がん検診とワクチン接種が大切です。

子宮頸がん予防のための市民公開講座
(山梨日日新聞2011年9月23日:PDFファイル)

掲載日:2011年09月28日

日時:10月14日(金) 18:30~
場所:山梨大学医学部キャンパス 看護学科研究棟1F
講義1:「産科ガイドライン2011 分娩編について」
講師1:奥田先生
講義2:「妊産婦の入院時診察、退院時診察、1か月健診について(クスコ診、破水の診断を含む)」
講師2:多賀谷先生

掲載日:2011年09月27日

日時:2011年10月7日(土)18:30~
場所:古名屋ホテル
講師:東北公済病院 院長 岡村州博先生
講演:「成熟した周産期医療へ向けて:大震災からの教訓」

掲載日:2011年09月26日

日時:2011年11月12日(土)~11月13日(日)
場所:山梨大学医学部キャンパス 看護学科研究棟1F
主催:山梨大学医学部産婦人科
共催:NPO法人周生期医療支援機構

申込締め切りは定員になり次第、締め切ります。
受講希望の方はALSO開催通知をご覧ください。

掲載日:2011年09月05日

講師:山梨県立中央病院周産期センター部長 寺本勝寛先生
講演:「細胞診とHPVDNA併用健診の必要性及びHPVジェノタイプ判定の運用について」
新しい検査の導入とガイドラインの改定について、わかりやすく講演していただきました。また、星理事が参加される最後の山梨での講演会になりました。

掲載日:2011年08月30日

日時:9月2日 18:30~
場所:山梨大学医学部キャンパス 看護学科研究棟1F
講義1:「院内助産マニュアルについて(対象、医師報告基準など)」
講師1:小室先生
講義2:「新生児の診察(新生児ビリルビン検査、血糖検査、聴覚スクリーニング検査)」
講師2:小笠原先生

掲載日:2011年08月23日

日時:2011年8月27日(土)16:00~
場所:古名屋ホテル
講師:山梨県立中央病院周産期センター部長 寺本勝寛先生
講演:「細胞診とHPVDNA併用健診の必要性及びHPVジェノタイプ判定の運用について」
他、一般演題5題の発表もあります。

掲載日:2011年08月10日
お知らせ
: ホーム : サイトマップ ページの先頭に戻る