お知らせ

本文ここから

4月11日から14日に第71回日本産科婦人科学会が名古屋国際会議場で開催されました。山梨からは産婦人科医専門医に加え、山梨県内の産婦人科専攻医9名、山梨大学の医学生25名が参加し、最新の産婦人科の医学について学びました。

集合写真

集合写真

掲載日:2019年04月15日

YBS ワイドニュースの星

放送日:本日4月4日(木)、YBS「ワイドニュースの星」(18:15~19:00)

特集「やまなし未来スイッチ」で、子宮頸がんの予防に取り組む多賀谷医師にスポットを 当て、若い世代の受診率が低い検診の現状や、検診で異常を発見したあと出産した女性の声など、医療最前線を追った報道です。

掲載日:2019年04月04日

平成31年度、山梨県では、3名の新しい産婦人科専攻医(産婦人科を専攻する後 期研修医)が誕生しました。

本学附属病院(1名)県立中央病院(1名)甲府共立病院(1名)において、「山梨県統一産婦人科専門研修プログラム」による産婦人科専門医を目指した研修を開始しました。 先生方が産婦人科医として着実に成長できるよう、プログラム管理委員会 一同、全力を挙げて指導にあたる所存です。

掲載日:2019年04月01日

3月2日と3日の2日間、医師1名、助産師4名、学生9名が指導者24名の下で産科救命救急についての知識と技術を学び、資格を取得することができました。これからの皆さんの活躍を期待します。

集合写真

掲載日:2019年03月04日

平成31年2月23日(土)に平成30年度冬季山梨産科婦人科学会山梨県産婦人科医会 合同学術集会を開催しました。
一般講演  5題
特別講演
「1. 子宮頸部胞の取り扱い 2. 当科における手術手技の工夫」
信州大学医学部産科婦人科学教室 准教授 宮本 強先生

会員・学生78名が参加しました。

宮本先生

掲載日:2019年03月01日

2月2日と3日の2日間、専攻医5名、助産師3名、学生15名が指導者15名の下で産科救命救急についての知識と技術を学び、資格を取得することができました。これからの皆さんの活躍を期待します。

集合写真

掲載日:2019年02月08日

毎日新聞に「PM2.5影響調査へ」が掲載されました。
(2019年1月25日 毎日新聞掲載)

PM2.5の研究にネット寄付募る ―医学部研究チーム

クラウドファンディングのHP
https://readyfor.jp/projects/yamanashi-healthdamage

掲載日:2019年01月28日

山梨日日新聞に『「お産空白地」解消へ一歩』が掲載されました。

(山梨日日新掲載 2019年1月14日)

「お産空白地」解消へ一歩 ― 山梨日日新聞

掲載日:2019年01月18日

平成30年度院内助産研修会第2回目(3月15日)を開催いたします。

詳しくは「 H30年度院内助産研修会について」(PDFファイル)をご覧ください。

掲載日:2018年12月18日

山梨日日新聞に「子宮頸がん受診へ大学生向け講習会」が掲載されました。

(山梨日日新掲載 2018年12月5日)

子宮頸がん受信へ大学向け講習会 県がスタート ―山梨日日新聞

掲載日:2018年12月07日
お知らせ
: ホーム : サイトマップ ページの先頭に戻る